高橋凌雲 銅器仔犬置物/Bronze Puppies sculpture by Takahashi Ryoun

高橋凌雲 銅器仔犬置物/Bronze Puppies sculpture by Takahashi Ryoun

2021年1月8日

作品番号 M-009
作者名 高橋凌雲/TAKAHASHI RYOUN
仕様 ブロンズ・赤銅象嵌
Bronze/Shakudo inlaid
全体寸法  (単位:mm)
価格 400,000 円
作品紹介 東京美術学校 大正期の鋳金家。東京銅器を代表する作家の一人。四条派の祖円山応挙の犬を参考にしたと思われる、非常に柔らかな造形が魅力の作品です。
Takahashi Ryoun lived in Tokyo and was active from the late Meijj into the early Showa era. He graduated from the Tokyo School of Fine Arts and was famed for his skill in bronze casting. The Tokyo Casting Association lists him as a designated special member, a ranking reserved for only the best artists.
本作品に関するお問い合わせはこちら